Home » Peace Readers for Child by Toyohiko Kagawa
Peace Readers for Child Toyohiko Kagawa

Peace Readers for Child

Toyohiko Kagawa

Published September 9th 2015
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

『少年平和読本』は国際平和協会の機関誌「世界国家」に連載された少年向けのコラムを抜粋して出版された。ダーウィンが提唱した弱肉強食の世界に対抗して、弱い生物が逆に長い間生存を続けてきたというアンチ「種の起源」ともいえる賀川豊彦の世界観を綴ったものである。甲羅を解いたことによってタコが生き延びた事例やライオンを子どもの時から愛をもって育てれば決して人に危害を加えることのない動物に育てることができることなどを実証的に子どもたちに伝えるまさしく「読本」である。僕が国際平和協会に関わって、More 『少年平和読本』は国際平和協会の機関誌「世界国家」に連載された少年向けのコラムを抜粋して出版された。ダーウィンが提唱した弱肉強食の世界に対抗して、弱い生物が逆に長い間生存を続けてきたというアンチ「種の起源」ともいえる賀川豊彦の世界観を綴ったものである。甲羅を解いたことによってタコが生き延びた事例やライオンを子どもの時から愛をもって育てれば決して人に危害を加えることのない動物に育てることができることなどを実証的に子どもたちに伝えるまさしく「読本」である。 僕が国際平和協会に関わって、まず初めて感動したコラムである。六十年の歳月を生きながらえて学んできた、強いものが弱いものを征服してきたといわれたダーウィン史観が次々を打ち砕かれていくことに小気味いい気分にさせられたことを思い出す。 読者には「ああそうだよね」と共感を得てもらえることが、この本を薦める所以である。賀川豊彦が最後の書いた『宇宙の真理』という本がある。なかなか難解な本ではあるが、その難解な本を簡単に理解できるように書いたのが本書なのだと思う。 実は『少年平和読本』と『宇宙の真理』はほぼ同時期に執筆されていた。人生の集大